HO6LAの八光うみは苦労人?!BiSの縁に繋がれてアイドルとして活動開始!

HO6LAの八光うみは苦労人!?BiSの縁に繋がれてアイドルとして活動開始!

 

八光うみ(はちみつうみ)は、アイドルになるまでに多くの苦労を重ねた人物です。

 

オーディションに参加するも落とされたり、所属したグループで金銭を巡ったトラブルにも遭遇。

 

それでも、アイドルになる事を諦めなかった彼女の経歴を紹介していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HO6LA(@ho6laofficial)がシェアした投稿

八光うみのプロフィールは?

 

八光うみは11月5日生まれの山梨県出身です。

 

身長156cmで血液型はO型の黄色担当で「幸運みつばち」の異名も。

 

馬刺しと苺が大好きで、赤身も好きとのことです。

 

アイドルでは平手友梨奈が好きで、猫アレルギーがありながらも大の猫好き。

 

現在では、猫アレルギーは克服したと豪語。

 

三姉妹の長女で、幼稚園の頃はしっかりしていたものの、今では一番下に見られることも。

 

元々、童顔であるのと食べるのが遅く、下の子に見られやすいそうです。

 

食べるのが遅いのには、理由があり、マイルールに則って食べるので遅いとのこと。

 

行動するのも遅いとのことで、何かと置いてかれがちだったそうです。

 

 

八光うみは心を無にして学生時代を過ごす!

 

八光うみは小学生の頃からスポーツ少年団でバスケを始めます。

 

この地域の暗黙のルールで、中学生になってからもバスケ部に入らなければいけない圧力を感じたとのこと。

 

結局、高校までの9年間をバスケに費やします。

 

小学生までは楽しくできていたそうですが、中学になると周りとの差が開く様に。

 

中学1年生の時に、部活でゴタゴタがあり、話し合うも解決せず「あ、無理だ」と思ったそうです。

 

そこから、心を無にして部活をする様に。

 

「今となっては拷問だったなと思います。死んでもいいかなって思うぐらいつらかった。」と当時を振り返っています。

 

クラスメイトも仲が悪く中学の時まで全然記憶がないとのこと。

 

この頃に、AKB48のドキュメンタリー映画を見て、裏では泣いてるのに表ではキラキラしているアイドルに「まだ私は生ぬるい」と考える様になり、アイドルに少しずつハマっていきます。

 

推しメンは篠田麻里子だったのにも納得。

 

ここから、八光うみのアイドルへの道が始まったのです。

 

 

八光うみはアイドルを夢見るもうまくいかない日々!

 

八光うみは、AKBと出会ったことが人生の中での転機になり、中学2年生の頃にSKE48のオーディションを受けます。

 

1次選考は通過したものの、2次選考で落ちた八光うみ。

 

1次選考を通過したことで、ちょっと自信が付いたものの歩いていたら、ヤンキーに「うわ、ブス」と言われショックを受けます。

 

ここから「顔面を変えなきゃ」と努力した八光うみ。

 

その後、AKB48だけでも10回以上オーディションを受けるも落選し、乃木坂46に欅坂46のオーディションを受けるも落選の毎日を送ります。

 

その後、進学のために上京。

 

八光うみは三浦うみとして「PM3:58(よじまえ)」に加入します。

 

アイドルとして初めてのグループ加入をしたものの、このグループでも悲劇が。

 

プロデューサー兼メンバーの売上金持ち逃げ騒動が起こり、グループは空中分解してしまいます。

 

ちなみにこの頃、八光うみは彼氏に1万円を貸したものの、彼氏は返してくれることは無く、ホストになったなど散々な目に。

 

アイドルになりたい女の子にとっては、酷な道のりです。

 

 

八光うみは、BiSの源流ともいえるアイドルグループに所属していた!

 

八光うみは就職浪人になっても、アイドルの道を諦めませんでした。

 

そんな中で、初期BiSのプー・ルイが立ち上げた新アイドルグループのオーディションに参加。

 

同時期にWACKのオーディションにも参加していたというのも、運命的なものを感じます。

 

そして2020年4月に、既に保険会社に就職が内定していた八光うみのもとに、プー・ルイから合格の連絡が。

 

ちょうど、外回りの研修中だった八光うみはリクルートスーツのままYouTubeにも出演するなど、激動のアイドル人生がスタートします。

 

「UMI」の名前で、2020年4月にプー・ルイが立ち上げた「PIGGS」に参加しいきなり共同生活をスタート。

 

YouTubeの配信に初めての音源のリリースにと、念願のアイドル活動に夢中の日々を送ります。

 

しかし、コロナ禍により思う様な活動が出来ない日々の中で、八光うみは体調不良で活動休止に。

 

そして4月には方向性の違いで、正式に脱退します。

 

実家に帰っていた八光うみとプー・ルイは連絡を取り合い、互いに納得し新しい道を進む事に。

 

せっかく始まったアイドル人生でしたが、また振り出しに戻ることとなりました。

 

 

八光うみが苺りなはむオーディションに参加したのは必然!?

 

運命のいたずらか、八光うみは初期BiSのプー・ルイが立ち上げたアイドルグループを脱退した直後、同じく初期BiSに在籍していた苺りなはむが開催したアイドルオーディションに参加します。

 

「うみ」名義で参加すると、今度こそは「日本武道館までたどり着けるアイドルになる」と最終審査まで進出。

 

苺りなはむは、「PIGGS」時代を知っていたため、最初から気になっていたそうです。

 

話してみた感じでは、なかなかつかめない印象だったもののダンスを躍らせてみたらキラキラに光って見えたとのこと。

 

太陽の様なエネルギーを発していた事で、見事HO6LA入りを果たします。

 

 

八光うみはHO6LAの幸運担当!?BiSの縁に恵まれた!?

 

八光うみは、サプライズでの合格発表の時に、壊れた靴で来てしまいます。

 

合格を見たときには「さすがにもうどっきりはされないだろう」と考えていただけに、驚き様は強く号泣。

 

合格発表だけでも、絵になる様子には今までの不運を払拭する勢いを感じました。

 

「ハッピーオーラが見えたので」という理由で、苺りなはむから黄色を与えられ「グループの幸運担当」に。

 

パンルナリーフィを含め、BiSに縁のある人物に認められ、アイドルの道を進むというのも幸運なことでしょう。

 

八光うみはジャケット写真でもセンター位置に収まり、グループの中心核として期待。

 

今後はグループに多くの幸運を運んでくるラッキーガールとして、これまでのうっ憤を晴らしてほしいです。