ネコプラの増田みいは妹もアイドル!空気を変える天才でもあった!

ネコプラの増田みいは妹もアイドル!空気を変える天才でもあった!

 

ネコプラの増田みいは、自身の妹もアイドルをやっています。

 

さらに、ネコプラ加入前から芸能活動を開始。

 

意外と苦労をしてきた増田みいの歴史を紹介していきます。

 

ネコプラ・増田みいのプロフィールは?

 

増田みいはネコプラでは緑を担当しています。

 

誕生日は2000年3月24日で神奈川県出身。

 

自身のプロフィールにラーメンのネギをきれいに取り除くという、ちょっとお菓子な特技を持っている事を公表しています。

 

母親が厳しかったこともあり、髪の毛を染める事にためらいがあった増田みい。

 

ディズニーやサンリオなど可愛いものが大好きでで、サンリオピューロランドには食事をするためだけに行ったこともあります。

 

デビュー直後から黒髪ボブカットでしが、2021年に明るい髪にした後にピンクに。

 

現在は、ダークな茶色でセミロングカットに落ち着いた様子です。

 

ちょっと橋本環奈を彷彿とする出で立ち。

 

アイドル界のど真ん中でも、増田みいの存在感はゆるぎないかも知れません。

 

 

増田みいはネコプラ加入前からタレントとして活躍!

 

増田みいはネコプラに加入する前からタレント活動を行っていました。

 

モデルの鈴木あやや元欅坂46の石森虹花らが在籍するA-LIGHTに所属。

 

女優として舞台などにも出演した経験を持ち、2019年にはアリスインプロジェクトの舞台「真約・魔銃ドナー」にも出演しています。

 

そして2019年10月5日にネコプラに加入。

 

ここからアイドル人生が始まっていったのでした。

 

 

ネコプラ・増田みいがアイドルになった理由は?恋愛リアリティ番組にも出演していた!

 

増田みいはアイドル人生を始めたのはネコプラ加入からです。

 

その前に、増田南美(みなみ)で恋愛リアリティ番組に出演。

 

増田みいの過去を紐解いていきます。

 

 

増田みいがアイドルになったきっかけは?辞めたくなったことも。

 

増田みいはアイドルにかなり憧れを持っていました。

 

辛い時に、アイドルの写真を見て元気になったことも。

 

現在でこそ、ネコプラの一員として活躍していますが自分でも精神的に弱いと語っています。

 

その為、度々、アイドルを辞めたくなることも。

 

2021年3月に開催された生誕祭付近では、何のためにアイドルをやっているのかが分からなくなったそうです。

 

しかし元々、アイドルが好きだったことを思い出し、今ではメンバーという仲間がいることを再確認。

 

そしてステージから見える景色にまだ魅了されて、アイドル続行を決心します。

 

 

増田みいは恋愛リアリティ番組に出演していた!?

 

増田みいは2017年にAbemaTVで放送された「恋する週末ホームステイ」シーズン2に出演しています。

 

増田南美の名前で高校3年生の時に出演。

 

「初恋の元カレはハーフ美男子で恋に臆病な奥手女子」として出演し、2人の男子からアプローチを受けるモテモテぶりを披露します。

 

2人を惑わす、あざとかわいささえも天性のもの。

 

今の増田みいとは違って、日焼けしていて黒髪ロングなのも貴重です。

 

この番組に参加した後にアイドルとしてネコプラに加入。

 

男を惑わす魅力は、高校生時代から健在だった様子です。

 

 

ネコプラ・増田みいは妹もアイドル!その魅力は?

 

増田みいの妹もアイドルとして活躍中です。

 

姉妹仲はどうなのでしょうか?

 

そして増田みいの魅力とは何なのか、紹介していきます。

 

 

増田みいの妹はアイドルの増田英美!

 

増田みいの妹である増田英美はアイドルグループの「僕はキミのカケラ。」メンバーで、エイミ・マスダ流星群の名前で活躍し、現在は「KATACOTO*BANK」の白担当です。

 

2001年08月31日生まれと年子で、趣味は姉妹で遊ぶという姉妹仲の良さ。

 

増田みいと共に芸能界に入り、まずは「プラスワン」でアイドル活動をスタートします。

 

姉妹仲はかなり良く「私、姉のことが大好きで、姉も私のことを愛してくれています。」とコメント。

 

ただ姉の増田みいは「ツンデレ」だそうで、猫みたいなタイプとも説明しています。

 

増田英美は週刊FLASHでグラビアデビューも飾るほどの人気。

 

いつの日か、姉妹でのグラビアも見てみたいものです。

 

 

増田みいのアイドルとしての魅力は空気を変えるチカラ!

 

増田みいのアイドルとしての魅力で真っ先に挙げられるのは、のびやかな歌声です。

 

耳障りが良く、ソロの時にはっきりと聞き取れます。

 

生誕祭では、ギターで弾き語りを披露するなど、バラードでも活かせる声の持ち主。

 

そしてもう1つ、増田みいは空気を変えるチカラがあります。

 

ワンマンライブで目標だった500人集客が達成できなかった時にも、増田みいの存在でその場をの空気を一変。

 

加入当初は劣等感に苛まれて、悩んでいた増田みいだからこそ「諦めない」姿勢には共感できます。

 

buGGの町田つむぎなど、増田みいを慕う他のアイドルグループも。

 

誰かが辛いときにそっと手を差し伸べられるのは、お姉ちゃんだからかも知れません。

 

年齢的にも20代を迎えてさらに飛躍していくとき。

 

増田みいのアイドルとして、今後の成長が楽しみになってきました。