Ange☆Reveの原姫子のアイドル人生がエモい!親友のあとを継いで加入!

Ange☆Reveの原姫子のアイドル人生がエモい!親友のあとを継いで加入!

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿

Ange☆Reve原姫子のプロフィールは?

 

Ange☆Reveの原姫子は1997年1月25日生まれの埼玉県出身です。

 

血液型はAB型で身長157cmでファンからの愛称はひめたん

 

家族は母親と兄で、後に家族の事情でアイドル活動にも大きな影響が出ます。

 

原姫子の最大の武器であるかわいらしさは、天性のものが。

 

丸顔、ボブカットという王道スタイルな容姿にピンク基調の服が多く、家では愛犬のエレちゃんを可愛がっている甘いものだいすきなもちもちほっぺの女の子です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿

 

原姫子のSNSなどには、数多くの甘い物を食べている画像をアップ。

 

彼女の柔らかい表情を見るにつけ、本当に好きさが伝わってきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿

アイドル人生をスタートさせたのも、本当にアイドルが好きだったから。

 

原姫子は2015年12月、18歳の時からアイドルとして活動を開始させます。

 

 

Ange☆Reve原姫子はアイドルを辞めるも親友の後釜で復帰!

 

原姫子は2015年12月に愛乙女☆DOLL、通称らぶけんに加入します。

 

愛乙女☆DOLLは2010年に「エンジェルプロジェクト」という名義で結成されたアイドルグループ。

 

結成当初から「動員目標」ノルマを課すスタイルのライブを行っていたのが特徴で元NMB48の太田里織菜、元AKB48の研究生だった愛迫みゆや佐野友里子が所属していたグループです。

 

 

原姫子は2015年12月から6期研究生として現在も愛乙女☆DOLLとして活躍する新穂貴城らと共に加入。

 

しかし体調不良や留学、別アイドルへの昇格でメンバーがいなくなっていく中で、原姫子は家庭の事情で卒業を決意します。

 

原姫子は家族の状況が変化する中で「自分だけ好きなことやっていいのか?」と疑問を持ち悩む様に。

 

パフォーマンスにも集中できなくなったこともあり卒業を決意。

 

わずか1年に及ぶアイドル活動に終止符を打ちました。

 

しかしその後、Ange☆Reveに加入していた元メンバーのさいごうみずきの生誕祭に参加。

 

らぶけん楽曲を二人のデュエットで披露するというパフォーマンスを見せます。

 

そして原姫子のアイドル活動はこれだけにとどまらず。

 

さいごうみずきがAnge☆Reveを卒業する際に、原姫子が後釜として加入したのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿

Ange☆Reve原姫子は最年少で希望の光!

 

原姫子は2019年7月にさいごうみずきがAnge☆Reveを卒業し芸能界を引退した後、Ange☆Reveに新加入が発表されます。

 

さいごうみずきの卒業から3日後にSHOWROOMの配信番組「Ange☆Reveの「Angeroom」」で公表。

 

さいごうみずきの卒業が発表された際に新メンバーの公募オーディションを行っていたAnge☆Reveにさいごうみずきと同じグループで活動していた親友の原姫子が加入という展開は本当にエモい展開でした。

 

原姫子が加入した際にさいごうみずきは「姫子は少し控えめな性格だけど、芯が強く、努力家。でも、実は誰よりも負けず嫌いな姫子なら、私の大切な仲間であるAnge☆Reveのメンバーと一緒に活躍していけるはずです。」とコメント。

 

原姫子も「すぐにみずきの代わりが務まるとは思ってないけど、みずきが大切にしてきたAnge☆Reveを受け継ぎたい。オーディションに挑戦してみたい」と語り、多くのアイドルファンが涙。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿

 

原姫子はAnge☆Reveに加入すると夏の大型アイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL2019」に「@JAM EXPO2019」といきなり大舞台に登場。

 

そして2020年1月には初めての生誕祭を開催するのでした。

 

その生誕祭のタイトルは「Ange☆Reve原姫子バースデー公演〜3年前のリベンジ!!First Birthday〜」

 

2017年に開催するかも知れなかった初めての生誕祭が、時を越えて開催されたのです。

 

 

nge☆Reveの中では最年少の彼女には、まだまだ可能性が秘めており、これからも多くの軌跡を起すことでしょう。

 

彼女が繰り出すアイドルとしての成長とストーリーから目が離せません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原姫子(@himeko_hara)がシェアした投稿