ZOCの要は巫まろ!?元ハロプロの底力がさく裂も体調不良に!

ZOCの要は巫まろ?!元ハロプロの底力がさく裂も体調不良に!

 

 

2020年7月15日に戦慄かなのの卒業から一連の炎上騒動に最も心を痛めていたのはメンバーの巫まろ(かんなぎまろ)でした。

 

「みんな信じるものを間違えないで…幸せにアイドルをやらせてください…」とツイートし騒動が収まることを切願。

 

巫まろとして活動を開始した当初から新型コロナウィルスの影響で思うような活動ができていなかった巫まろにとっては、活動休止は痛恨の極みでした。

 

その後、2020年10月1日に中野サンプラザにて再始動ライブを行うと、2021年2月8日に日本武道館ライブを開催。

 

香椎 かてぃの卒業に新メンバーオーディションの開催と話題が尽きないZOCにおいて、キーパーソンとなるのは、アイドル経験者の巫まろです。

 

今回は彼女の経歴となぜキーパーソンとなりうるかを解説していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

巫まろ(@kanon_fukuda)がシェアした投稿

巫まろは福田花音としてアイドル活動をしていた!

 

巫まろは本名福田花音(ふくだかのん)で1995年3月12日生まれです。

 

埼玉県川越市出身で身長155cmのA型。

 

花音(かのん)という名前の由来は、パッヘルベルのカノンから付けられたとされ、ディズニーが大好きで東京ディズニーリゾートの年間パスポートを所持している程です。

 

 

ハロプロに加入。世界一スカートの短いアイドルに

 

2002年に「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」を受けるも落選。

 

しかし、2004年に「ハロプロ エッグ オーディション2004」に合格し、ハロプロエッグの一員となり、以降は主にバックダンサーなどを務めます。

 

個人としての活躍も目立ちだし、個人ブログの開設や「しゅごキャラエッグ!」のメンバーに選出されるなど活躍。

 

2009年にアイドルグループ「スマイレージ」に参加しメンバーカラーはパープル(後にホットピンク)になります。

 

「世界一スカートの短いアイドル」という触れ込みで2010年に「夢見る 15歳」でメジャーデビューすると日本武道館でライブを開くほどに。

 

2014年にはグループ名を「アンジュルム」に改名し、2015年にリリースした「大器晩成/乙女の逆襲」がオリコン週間ランキング2位になるなど人気を博します。

 

しかし福田花音は2015年11月29日に開催された日本武道館公演をもってしてグループ及びハロープロジェクト!を卒業。

 

しばらく表舞台から離れます。

 

 

アンジュルム卒業!その後の福田花音は!?

 

福田花音はアンジュルムとハロープロジェクト!を卒業した後、アンジュルムの活動に専念するため休学していた大学に復学します。

 

その後、作詞家を目指し活動。

 

ハロプロアイドルグループのJuice=Juice(ジュースジュース)に書いた「明日やろうはバカやろう」は他のタイトルとトリプルA面シングルながらオリコン週間ランキング5位を獲得するほどでした。

 

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)にも「そこらのやつとは同じにされたくない」作詞担当し1stアルバムに収録されています。

 

この作品を最後に2019年末にアップフロントプロモーションとの専属マネージメント契約を終了したことを報告。

 

新たな道へと進むのでした。

 

ZOCの新メンバーとして登場!賛否を巻き起こす事態に

 

そして福田花音は2020年3月27日に「ZOC」の新メンバーとして「巫まろ」の名義で加入します。

 

加入当初は福田花音という事は公表していませんでしたが、SNSをそのまま流用していたことから判明。

 

これにハロプロファンなどが反発し1時的に炎上する騒動まで発展しました。

 

しかし巫まろは福田花音のときからZOCプロデューサーの大森靖子のファンで「初めて聴いた時から今日までもずっと私の心に寄り添い続けてくれています」と加入時にコメント。

 

大森靖子もハロプロファンで福田花音を称して「つんくさんの歌詞に出てくるややこしい女の子を具現化したらこうなるのでは?!のような女の子」とし

 

「常にかわいくてキラッとしていて歌は最高に上手くて、スターだなぁと思います。完全にイイ女。」と絶賛していました。

 

そしてハロプロの福田花音からZOCのマロンクリーム担当の巫まろに生まれ変わったのです。

 

 

ZOCの要は巫まろ!アイドル経験者の底力に期待!

 

巫まろとして活動を開始した当初から新型コロナウィルスの影響で思うような活動ができていませんでした。

 

さらに戦慄かなのの卒業による炎上騒動など、2020年は思う様な活動ができなかったのが事実。

 

しかし、2021年になりZOCとして日本武道館公演も成功させるなど、大きく飛躍していきました。

 

新メンバーの加入もささやかれるZOCにとってキーパーソンとなるの巫まろです。

 

 

巫まろはZOCイチの常識人で仕事も早い!

 

巫まろがZOCの今後の活動において要となる存在ということには理由があります。

 

まずは、メンバー1の常識人であるということ。

 

巫まろは元々アイドルの中でも厳しい「ハロプロ」出身です。

 

そして、アイドル活動をしていなかった時期には、眼科の受付のアルバイトやアパレル通販の事務などバイトを行い、いずれも仕事の速さから周囲に認められるほど。

 

バイトリーダーにまで昇格し、一般常識の高さを知ら閉めています。

 

さらにZOC加入後にアンジュルム時代からのファンが巫まろではないメンバーのTシャツを着て応援してくれているを見て「嬉しい」と発言。

 

普通のアイドルであれば、嫉妬しそうなものですが「グループを好きでいてくれて、メンバーのことも好きになってくれて嬉しい」と大人な見解を見せています。

 

さらに現在のZOCのコンサートを手掛けるスタッフは巫まろがアンジュルム時代にお世話になったスタッフ。

 

巫まろが福田花音時代の卒業公演も手掛けている気心の知れたスタッフです。

 

この様に巫まろがZOCのいる事で、グループのバランサーとして作用。

 

かつて「アイドル戦国時代」と称した巫まろは周りが見える人物で、今後のZOCの活躍に大きく貢献すると考えられます。

 

 

巫まろが体調不良!復帰はいつ?

 

そんな中、巫まろは2021年3月6日に発熱により緊急搬送されます。

 

病院の診断は「急性扁桃炎」で大事には至りませんでした。

 

当日開催予定のイベントは延期となりましたが、幸いにも体調は回復しているとの事。

 

2021年3月26日には最初で最後の公式ファンブック「ZOC BIBLE」の発売も決定し新メンバーオーディションも開催中なので、巫まろの完全復帰が待たれるところです。