BiSHが2023年に解散!様々な考察があった?解散理由は?

BiSHが2023年に解散!様々な考察があった?解散理由は?

 

BiSHが2023年に解散することを、生配信&生放送で発表し世間を大いに騒がせています。

 

クリスマスイブの朝に発表という異例の事態ながらも、前日にはスポーツ紙で報道が出る白熱ぶり。

 

BiSH解散発表の詳細と経緯を紹介していきます。

 

BiSHがクリスマスイブにいきなり解散報告!

 

BiSHは、2021年12月23日に翌24日のクリスマスイブに緊急配信ライブを行うことを発表します。

 

この段階で、スポーツ紙は「BiSH解散発表」を大々的にニュースとして取り上げ、大きな波紋に。

 

重大発表があるという事だけが分かる中で、BiSHは2021年12月24日の午前8時から生配信ライブを行う事、一部は日本テレビの「スッキリ」で生放送される事が発表されます。

 

そして迎えた2021年12月24日の午前8時。

 

BiSHは黒と白のコスチュームで登場します。

 

まるで喪服を連想させる衣装には、配信を視聴していたファンもざわつく。

 

小さめな会場には、数名のファンの顔もある中で1曲目は「BiSH−星が瞬く夜に−」を熱唱。

 

さらに2曲目、3曲目と「BiSH−星が瞬く夜に−」が連続で披露されると、伝説の13曲連続や24時間ライブなど、多くの予測が上がってきます。

 

しかし3曲目が終了すると、メンバーの自己紹介を挟んで4曲目に披露したのは「スパーク」。

 

BiSHが披露している楽曲は、2015年5月31日に行われたBiSHの1stワンマンライブ「「THiS IS FOR BiS」と同じセトリだったのです。

 

そして行われている会場も同じ「中野heavy sick ZERO」。

 

彼女たちは、1stワンマンと同じ演目でパフォーマンス行っていました。

 

そして会場に来ていたファンは1stワンマンに足を運んでいて、チケットの半券を大事に取っていた生粋の「清掃員」たち。

 

そして午前9時12分になると、日本テレビ系「スッキリ」と中継を繋ぎ、司会の加藤浩次から託される形で重大発表をします。

 

セントチヒロ・チッチから「私たちBiSHは2023年で解散します」と正式な発表がされたのです。

 

 

BiSHは解散を匂わせていた?

 

BiSHは以前から、グループの解散を匂わせていました。

 

特に注目されたのが、2021年8月に公開された楽曲「CAN WE STiLL BE??」のミュージックビデオでの事。

 

8月4日に発売されたアルバム「GOiNG TO DESTRUCTiON」の収録曲で、アルバムのテーマでもある「破壊」を象徴した楽曲でした。

 

この「CAN WE STiLL BE??」の監督を手掛けた山田健人は自身のTwitterで「視察・査察・考察宜しくお願い致します。」とコメント。

 

ここから、ミュージックビデオの考察が様々なところで議論となります。

 

映像の中では、初期の衣装に身を包んだメンバーが陸上競技場のトラックを疾走するというものですが、スポーツタイマーには意味深な数字が映し出され、最後に「FiNISH」と書かれたゴールテープが。

 

この映像の中にあった「20、23」の数字からBiSHの解散は2023年では無いかと言われていましたが、その通りになっています。

 

ではBiSHの解散は、2021年8月の時点で決定していましたが、いつ頃決まったのか?

 

BiSH解散報告の後にアップされた動画に真実はありました。

 

 

BiSHの解散理由とは?全国ツアーも開催!

 

BiSHは12月24日に「BiSH iS OVER! -解散の真相-」という動画をYouTubeにアップします。

 

BiSHは「一番カッコいい時に解散するのが良い」とプロデューサーの渡辺淳之介は考えていたとのこと。

 

そして、近年の活躍を見て「それが見えてきた」とメンバーに伝えますが、最終判断はメンバーに委ねます。

 

実際には解散に否定的なメンバーもいましたが、2019年11月の時点で「一番カッコいい時点での解散」がよいという結論に。

 

そこから、BiSHはコロナ禍を乗り越えて6人で精力的な活動を続けます。

 

解散に関してはスッキリはしていないが、納得しているなどメンバーそれぞれが複雑な心境であることは事実。

 

それでも、2021年にはNHK紅白歌合戦初出場を決めるなど、まさにBiSHは今が絶頂期なのではないでしょうか。

 

そして、BiSHは解散に向けて4つのプロミスを公開。

 

1つ目が、2022年1月から12ヶ月連続の新曲リリースで、2つ目は 今までライブを開催したことのない地域でのホールツアーを開催することです。

 

3つ目はBiSH主催のフェスを開催し、4つ目がベストアルバム「FOR LiVE -BiSH BEST-」の収益を寄付した全国33都道府県67店舗のライブハウスツアーを開催。

 

まだまだ、最後の日まで走り続ける所存のBiSHは進化し続けていくことでしょう。

 

セントチヒロ・チッチは「個性もバラバラで、すごく自由な私たちが自分らしく生きる場所」とBiSHを定義付け。

 

新しい道に進むその時まで、BiSHのメンバーには大いに驚かされていたいものです。