わーすたの歴史は事件だらけ?引退したメンバーは?

わーすたの歴史は事件だらけ?引退したメンバーは?

 

わーすたはエイベックスのアイドルで勢いのあるグループです。

 

メンバーの変動も無く、5年以上に渡って活動。

 

そんなわーすたの歴史に迫ります。

 

 

わーすたの経歴とは?

 

わーすたは「The World Standard」として2015年に誕生したアイドルグループです。

 

エイベックスによるプロジェクト「iDOL Street」のデビュー候補生から選出。

 

SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMに続く第4のグループとして発足しました。

 

2015年4月に初お披露目を果たすと同年の「第4回アイドル楽曲大賞2015」におけるインディーズ/地方アイドル楽曲部門で自身らの楽曲「いぬねこ。青春真っ盛り」が1位に入賞

 

2016年には初のワンマンライブを開催し5月にはメジャーデビューを果たします。

 

7月には「東京ゲームショウ2016」のオフィシャルサポーターに就任し10月には初の冠ラジオ番組もスタート。

 

「第5回アイドル楽曲大賞2016」においてはメジャーアイドル楽曲部門で、「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」が4位に入賞を果たします。

 

 

2017年には「アニソンカヴァーライブ」Zepp DiverCityで開催しファンとのバスツアーも行うなど、精力的に活動。

 

一方で、この年、それまでサウンドプロデュースを行ってきた鈴木まなが辞任します。

 

2018年にはオフィシャルファンクラブ「わーしっぷ」が発足し「わーすたオリコカード」がスタートするなど広範囲で活躍。

 

同年の11月29日「いい肉の日」にメンバーが「特級焼師」の資格を取得するなど世間をにぎわせます。

 

さらに前年から開催していた女性限定ライブや大感謝祭も定着し、2019年にはわーしっぷ新年会も開催。

 

ファンクラブツアーでは沖縄や淡路島などにファンと一緒に巡るなど、満足度の高いアイドルです。

 

さらに新コンセプトライブ「わーすたKAWAIIくえすと」やYouTubeチャンネルの開設など新たな試みも。

 

しかし2020年にプロデューサーの樋口竜雄がエイベックスを退職し、続けてコロナ禍になり思う様な活動が出来なくなってしまいます。

 

それでも3月にはベストアルバムを発売。

 

RecTVでのライブ配信を開始するなど、配信系へと活動の場を広げます。

 

2021年8月には、約2年ぶりに有観客でのライブツアーを開催し写真集「わーすた旅行記」も発売します。

 

しかしデビューからずっと一緒にやってきた坂元葉月が卒業

 

4人体制となった2022年には、8月に4枚目のアルバム「我々はネコである。」をリリースしました。

 

 

わーすたメンバーが振り返る歴史的事件とは?

 

わーすたメンバー自身も今までの活動の中で、多くの事件を経験したと語っています。

 

卒業した坂元葉月はライブで衣装を忘れたことがあり、取りに帰っても間に合わないのでスタッフが似たような衣装を作ってくれたことがあります。

 

衣装忘れは三品瑠香も2回、経験しており松田美里が来ていたTシャツが衣装に似ていたので、借りてそのままステージにでたことも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

三品瑠香(@ruka_mishina)がシェアした投稿

 

中でもトラブルメーカーなのが松田美里です。

自身のTwitterでおはようツイートと共にまだ世に出ていない新曲の振りを入れた映像のURLを添付してアップ。

 

三品瑠香が気付いて慌ててログインし消すという事件が起こりました。

 

発端は松田美里が寝ぼけたままブログのURLと思ってツイートして、また寝てしまったというもの。

 

他にも海外でカバンごと全部置いてきたり、入国審査ギリギリでパスポートを無くしたことのあります。

 

さらにベトナムでは帰りの便のチケットが無くなったことも。

 

それぞれの地方に帰る為、メンバーとは解散した後でしたが、近くにいたファンの方が一緒に探してくれたそうです。

この様にわーすたの歴史にはメンバー内の事件が多数。

 

こんなところにも、目が離せない理由があります。

 

わーすたの歴史で最もインパクトのあった坂元葉月の卒業!

 

わーすたの歴史の中で最も印象的なのが坂元葉月の卒業でした。

 

iDOL Street時代から頭角を見せ「週刊ヤングジャンプ」の「サキドルエースSURVIVAL SEASON3:掴めY☆J登場権!!」に参加し見事1位を獲得。

 

ソログラビアが掲載されたこともありました。

 

2015年にはサンリオピューロランドの学生割引キャンぺーンモデルに起用されたことも。

 

プライベートでも2019年にスペイン語技能検定5級に合格し話題になりました。

 

そんな坂元葉月はアイドルとなって10年目、わーすたとしては6年で1つの区切りをつけるべくグループを卒業し芸能界を引退。

 

わーすたはずっと5人だと思っていたファンにとってはショックな出来事。

 

卒業ライブでは「ファンの皆さんには感謝しかありません」と語り、今後については「旅行したい」と語っていました。

 

そして猫耳はプライベートでは封印としてアイドルの思い出と共にしまっておくとのこと。

 

アイドルとしてやりきった坂元葉月の引退は、とてもきれいでした。