ネコプラは炎上の歴史?神対応でも話題になった理由は?

ネコプラは炎上の歴史?神対応でも話題になった理由は?

 

ネコプラは8人組のアイドルグル—プで2021年8月28日に横浜アリーナで開催される「@JAM」への出演も決定しています。

 

彼女らのアイドル人生は炎上の歴史。

 

一方で神対応でも有名なで動画撮影もOKという、評価が両極端なアイドルグループを紹介していきます。

 

ネコプラのこれまでの経歴は?

 

ネコプラは「そう遠くない新世界を想像する、緑型ダークマターユニット」として2016年12月24日に活動を開始しています。

 

その後、まさに紆余曲折を経て現在の体制に。

 

アイドルグループとして多くの試練を乗り越えてきた経歴を紹介していきます。

 

 

ネコプラは活動休止を経て移籍!名称も変更していた!

 

ネコプラは多くのアイドルグループを運営しているKissBee所属としてデビューします。

 

最初のグループ名は「NECO PLASTIC」。

 

7人組としてデビューし、名前もファンキーで担当も「ロケットランチャー担当」がいるなど奇抜なグループの印象があります。

 

グループ結成当初から唯一の現存メンバーである碧島ゆりなは当初「ゆりにゃ・K・ラガマフィン」の名前で活動。

 

しかしグループ結成からわずか半年で家庭の事情で1度脱退しています。

 

その後も相次いでメンバーの脱退が重なり、1年間で4人ものメンバーが脱退したことから2017年10月には活動休止。

 

事務所をKissBeeからFreeKに移籍して「ネコプラ」にグループ名を変更して活動を再開したのでした。

 

 

ネコプラの現在の体制は?第4期に突入していた!

 

ネコプラ体制になるとバンコクでの初の海外ライブを経験します。

 

その後、 「アイドル横丁夏まつり!!」や「TIF」に出演し着実に成長。

 

2019年には体制が変わりネコプラ∞として始動し初の台湾遠征も経験します。

 

新メンバーに天晴れ!原宿に在籍した経験も持つ青木りさが加入。

 

さっそくメンバーを代表し「真夏のアイドル決定戦2019」に出場し「週間SPA」のグラビアページで水着を公開するなど話題になります。

 

しかし青木りさが僅か半年で卒業となり、他のメンバーの卒業や活動休止を発表。

 

グループでの活動を希望した碧島ゆりなと高宮さくらも改めてオーディションからやり直すという厳しいものでした。

 

そして2019年10月に ‖ネコプラ‖として新体制で活動を再開。

 

2020年には「毎日ライブ」を開催し2021年にはZeppTokyoでライブを行うなど成長を続けるアイドルグループです。

 

 

ネコプラは炎上の歴史!ファンとのつながりや偽札騒動とは?

 

ネコプラの活動の歴史に欠かせないのが炎上騒ぎです。

 

主に運営に対しての批判が殺到。

 

ここでは今まで起きた炎上の歴史を紹介していきます。

 

 

ネコプラがメンバーの謝罪騒動や繋がりで脱退も経験!

 

ネコプラは、規律が厳しいアイドルグループです。

 

新メンバーオーディションの際にも年齢制限が15歳〜19歳とかなり幅の狭い募集要項だったことも有名。

 

そして炎上騒ぎとなったのも厳しい規律からです。

 

2020年2月に藍川みりと立花りくが重大な規約違反によりステージ上で謝罪。

 

違反内容は公式以外のSNSアカウントを持っていたことが発覚したためです。

 

ライブのステージ上で謝罪させたり、ライブ前日から意味深な動画を投稿した運営に批判が殺到。

 

謝罪をネタにした炎上商法だと大きな波紋を呼ぶこととなりました。

 

そして2021年2月には世良ゆきのが重大な規約違反を行っていることから即日脱退。

 

ファンとの私的交流など複数の原因があったとされ、2度とステージに上がることはありませんでした。

 

運営は世良ゆきのの脱退と合わせて即座に新メンバーオーディションの開催を発表。

 

条件に「重大な規約違反を犯さない方」と記載し再びファンの反感を買ってしまい炎上騒ぎとなりました。

 

 

ネコプラファンを困惑させた偽札騒動とは?

 

ネコプラの炎上の歴史の中でもファンを最も困惑させたのが偽札騒動です。

 

2019年12月にネコプラの運営スタッフが公式ツイッターで「ファンが偽札を使ってグッズを買った」とする内容で被害を報告。

 

実際に偽札とされた紙幣の画像をアップしますが、どう見ても旧紙幣だったのです。

 

公式ツイッターには多くの声が寄せられると該当ツイートを削除。

 

「まず訂正すべきでは?」とファンから批判が来る様になり、炎上騒ぎとなってしまいました。

 

 

ネコプラの魅力とは?炎上だけじゃない神対応も話題に!

 

ネコプラと言えば炎上騒ぎが何かと目につきますが、過去には神対応として崇められたこともあります。

 

また、メンバーのビジュアルなど魅力も多いグループ。

 

彼女らの良さとは何なのかを紹介していきます。

 

ネコプラの運営は神対応で話題になっていた!?

 

ネコプラはかつて運営の神対応で話題になったこともあります。

 

2018年9月30日に開催された2ndワンマンライブ当日に台風が直撃。

 

多くのアイドルグループがその日の公演を中止にする中でネコプラがとった行動が賞賛されます。

 

ライブは20時までの時短で決行され、帰宅困難者の宿泊場所を無料で確保しタクシー代も提供。

 

メンバーが宿泊先で挨拶し、後日開催されたリベンジライブにはチケット購入者が全員入場可能となりまさに「神対応」として多くのメディアに取り上げられていました。

 

この事でネコプラファンになった人も。

 

炎上だけでなく、こういった神対応もネコプラの素晴らしさです。

 

 

ネコプラの魅力はビジュアルとストイックさ!!

 

ネコプラのメンバーの魅力はビジュアルの高さが挙げられます。

 

そして楽曲もいわゆる「沸ける曲」として人気が高く有名。

 

何よりもメンバーのアイドルとしてのストイックさが挙げられ、告知が足りないメンバーには注意しあう関係なんだそうです。1つのことに全力を持って挑む事で、様々な反応があり時には炎上してしまうネコプラ。

 

彼女たちの真剣さが故の反応であり、炎上もプラスに変える力を武器にこれからもストイックに向上し会って欲しいものです。