HO6LAの笑瑠は、周囲を笑顔にする存在!空手ガールからアイドルに転身!?

HO6LAの笑瑠は、周囲を笑顔にする存在!空手ガールからアイドルに転身!?

 

笑瑠(えみる)は苺りなはむオーディションの時から、異彩を放っていました。

 

既にアイドルとしてどうあるべきかが分かっている様子。

 

常に笑顔を絶やさずチームプレイに徹する姿勢に、これまでの人生を想像してしまいます。

 

彼女はいかにして、苺りなはむと出会ったのか?

 

経歴を紹介していきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HO6LA(@ho6laofficial)がシェアした投稿

笑瑠のプロフィールは?

 

笑瑠は、2002年4月22日生まれの神奈川県出身で、血液型はO型です。

 

メンバーカラーはレッドで「スマイル着火」担当。

 

小柄ながらも、かわいい声が特徴的で℃-uteの鈴木愛理に面影が似ています。

 

好きなものは、元NMB48の山本彩やSilentSilen。

 

スポンジボブも好きな可愛らしい女の子です。

 

名前の「笑瑠」の由来は、自身が未熟児として生まれた際に「笑顔にあふれた人生を送ってほしい」という両親の願いから命名。

 

名前の通り、笑顔あふれており、周囲も笑顔にする天性のアイドルです。

 

 

笑瑠に影響を与えたのは姉?意外な資格も持っている!

 

笑瑠に、最も影響を与えたのは実の姉です。

 

「名探偵コナン」の毛利蘭に憧れて、3歳の頃から姉と一緒に空手を習う様に。

 

長渕剛も通った新極真会にて、茶帯の実力者です。

 

そしてアイドルになろうと思ったキッカケも姉。

 

歌が上手い姉に影響される形で、少しずつ芸能の道に進んでいきます。

 

そして今回の苺りなはむオーディションにおいて、歌声が気になる存在に。

 

笑瑠にとっては、姉の存在はかなり大きく、自身を形成するのに影響を受けた人物と言えます。

 

そして驚くべき事に、笑瑠は普通自動車免許に加えて小型船舶免許も取得。

 

アイドルながら、船の操縦も出来のは中々いない存在です。

 

今後、ロケなどで船を操縦するシーンが見られるかも。

 

意外な特技に、驚かされます。

 

 

笑瑠は小学生の頃から読モとして活躍!

 

笑瑠は本名の金本笑瑠として、小学生の頃から芸能の世界で活動しています。

 

「JSガールズ」で読者モデルを務め、「TOKYO TOP KIDS COLLECTION」や「JSガールフェスティバル」でランウェイを経験。

 

同時に小中学生ガールズユニット「アモレカリーナ東京」にも所属し活動しています。

 

「アモレカリーナ東京」はラストアイドルの松本ももなやAKB48の山邊歩夢、=LOVEの齊藤樹愛羅を排出したグループ。

 

笑瑠は、「アモレカリーナ東京」のプロデューサーでもあったPaniCrew YOHEYがプロデュースする「東京CuteCute」に参加します。

 

「東京で1番カワイイアイドルグループ」として、時に℃ーuteにたいして「2倍カワイイです!」と発言したり「シンデレラアカデミー」にて月の生活費1万円の過酷な合宿を経験。

 

アイドルとして成長していきます。

 

2018年1月には「上村笑瑠」に改名。

 

水着でのミュージックビデオや「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演するなど、注目を集めますが2019年にメンバーの卒業が相次ぎます。

 

笑瑠も2019年5月に卒業を発表し。

 

東京CuteCuteはChu-Zに合併され、ここで笑瑠のアイドル人生は一度、終わりを告げてしまいます。

 

 

笑瑠が苺りなはむオーディションで見せた「アイドル」としての姿勢が凄い!

 

笑瑠は、2021年4月に苺りなはむが開催したアイドルグループオーディションに参加します。

 

新規一転「えみる」として、再びアイドルの道を目指すことに。

 

オーディションに参加した理由は「10代の内に人生変えたい。」と思っていたからです。

 

小学生の頃から、アイドルとしても活動していた笑瑠ですが、今回は「本気のアイドルになりたい。」と強い意志を持って参加。

 

1時間耐久マッスルダンスの最中、疲れているはずなのに笑顔を絶やさない笑瑠に審査員も注目します。

 

笑瑠は体育館の2階の柵を勝手に「2階席だ」と想像し、お客さんの前だと意識して全力ダンスを披露。

 

さらに、自己PRでもダンスを披露し「ダンスに一生懸命さがあってカワイイ」と高評価を得ます。

 

そして苺りなはむが最も評価したのは、最終審査であるチームごとのパフォーマンス。

 

笑瑠は、チームの他のメンバーに対して振付を丁寧に指導し、自身の練習時間が無くなるほどでした。

 

その結果、最終パフォーマンスでは歌詞が飛んでしまって、笑瑠自身が悔しい想いを。

 

しかし苺りなはむが評価したのは「他のメンバーの為に頑張れる姿勢」で「凄くステキな事」と賛辞を送っています。

 

その結果、笑瑠はHO6LAのメンバーに合格。

 

自分が本気になれるアイドルグループに加入して、目指す日本武道館まで突っ走っていくことでしょう。

 

 

笑瑠はHO6LAにとって笑顔製造機!

 

笑瑠に対してプロデューサーの苺りなはむは「声もビジュアルも雰囲気もメチャメチャかわいい子」と第一印象を語っていました。

 

さらに「話してみると自分のアイドル像などがしっかりしている」と高評価。

 

笑瑠はHO6LAにて、エースの「赤色」を担当していますが、これはグループをけん引する存在としての期待感が表れている証拠です。

 

オーディションでは、審査員も笑顔にしていた笑瑠。

 

彼女の真剣さと明るさが、HO6LAの炎となって大きく照らしてくれることでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HO6LA(@ho6laofficial)がシェアした投稿