HO6LAのわずらいは、とにかく気になる存在!未知数の将来性に期待大!

HO6LAのわずらいは、とにかく気になる存在!未知数の将来性に期待大!

 

わずらいは、他のメンバーに比べても経験値が少ないです。

 

しかしその分、将来性は未知数で伸びしろしかないのも事実。

 

さらに、短いアイドル歴ながらも既に「神」と言われるほどのカリスマ性も持ち合わせている様子です。

 

HO6LAの伸びしろで、将来性抜群、とにかく応援したくなる存在のわずらい。

 

彼女の経歴を紹介していきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HO6LA(@ho6laofficial)がシェアした投稿

わずらいのプロフィールは?

 

わずらいは、HO6LAのメンバーの中で最も、経歴に謎が残っています。

 

10月29日生まれで趣味は散歩。

 

HO6LAの担当カラーはピンクで「なんか気になる恋煩い」を担当しています。

 

わずらいは、アイドルにしかなりたくなかったので正社員にもならず派遣バイトで生活しながら、機会を伺っていたとのこと。

 

手をパタパタさせるのが癖で、サプライズで合格を聞いたときは顔を覆い隠しながらもパタパタさせる仕草が可愛かったです。

 

メンバーの中でも、低身長でかなり守ってあげたくなる存在。

 

彼女から、可能性を感じた苺りなはむの先見の明は、さすがです。

 

 

わずらいの名前の由来や過去のアイドル遍歴は?

 

わずらいの名前の由来は、苺りなはむオーディションに応募する際に、名前を考えていた時に聞いたCY8ERの「カタオモイワズライ」が由来です。

 

オーディションでも同曲を披露したほどで、CY8ERが好きな様子。

 

わずらいは、HO6LAが初めてのアイドルグループではありません。

 

悲撃のヒロイン症候群の妹分ユニット「ポンコツコンポ」に2019年12月に「ひめくり暦(こよみ)」の名前で加入。

 

わずらいにとっては念願のアイドルデビューとなります。

 

しかしコロナ禍の中でメンバーが脱退し、活動が休止に。

 

自身も2020年10月に、事務所と話し合いの末に脱退し退所します。

 

そこから、苺りなはむオーディションまで空白期間にはきっと悶々とした日々だったと推察。

 

派遣バイトをしながらアイドルを夢見た少女に、やっと希望の光が見えてきました。

 

 

わずらいが影響を受けたアイドルと与えたアイドルがいた!

 

わずらいは、自身が影響を受けたアイドルに金子理江を挙げています。

 

金子理江は現在は、「Ilie」(ライ)名義で活動。

 

ミスiD2015グランプリを獲得し、女装パフォーマーのレディビアードらと「「LADYBABY」を結成した異色のアイドルです。

 

他の候補生が、平手友梨奈などの名前を挙げる中で、わずらいが出した金子理江の名前に驚きと共に、方向性が見えた気が。

 

さらに、わずらいは既に他のアイドルにも影響を与えています。

 

ミスiD2022に参加する棘(おどろ)のメンバーでもある恋詠あむは、わずらいの前身のひめくり暦を「神」と崇めるほど崇拝。わずらいはアイドルとして、重要な誰かに必要とされる存在に既になっていたのでした。

 

 

わずらいは、オーディションで気になる存在!

 

わずらいが、苺りなはむオーディションに参加したのは、CY8ERにずっと惹かれていたからとしています。

 

憧れの人の元でアイドルをやりたいと考えるのは当然。

 

CY8ERや苺りなはむから、アイドルに対する「愛」を感じ、ますますメンバーになりたいと思う様になっていきます。

 

一方で、過去に囚われている自分を変えたいという思いも持っていました。

 

今と未来に、自分を昇華させていきたいと考え、オーディションに参加。

 

わずらいからは、とにかく一生懸命さが見て取れ、その想いは審査員にも届いていきます。

 

ただ本人はかなり危機感をいだいていた様子。

 

「みんなの中で一番できていなくて本当にやばいと思っていた」と焦っていました。

 

というのも3次審査の際に「合宿に行けたら今度こそ自分を出せるようになります」と意気込んでいただけに、思う様にいかない状態がもどかしかった様子。

 

最後のチームダンスの練習の時、わんにゃんサーキットDX!が目撃したのはわずらいの「真剣な姿勢」でした。

 

24時間耐久オーディションという事もあり、疲労困憊の参加者は30分ほど仮眠を取ることに。

 

しかし、わずらいはその休憩時間中も一人、黙々とダンス練習に励んだそうです。

 

この真摯な姿勢こそが、なんか気になる存在と言わしめる所以なのかも知れません。

 

 

わずらいは決して上手ではないが一生懸命さが伝わるアイドル!

 

わずらいをHO6LAのメンバーにした理由について苺りなはむは「なんか気になる魅力的な子。なにか気になるってメチャクチャ凄いこと」と語っています。

 

わずらいに対して「ほっこりする」としながらも、ダンスになると指先にまで力が入ったガチさを感じたとのこと。

 

合格を聞いた時の手をパタパタさせて、頭をかき続ける、可愛らしいパニックには見ているこっちもほっこりしてしまいます。

 

とにかく一生懸命で、応援したくなる存在のわずらい。

 

彼女がいることで、HO6LAの成長過程や日本武道館までの道のりも、がぜん応援したくなってきました。