ZOCから戦慄かなのが卒業発表!少年院アイドルが進む未来とは!?

ZOCから戦慄かなのが卒業発表!少年院アイドルが進む未来とは!?

アイドルグループ「ZOC(ゾック )」にて最も露出があったと言っても過言ではない、主要メンバーの戦慄かなの(せんりつかなの)が2020年7月8日にグループからの卒業を発表しました。
7月14日に新曲のリリースが決定していたZOCからの卒業にファンならずとも衝撃が走る事態に。
一体何があったのか?卒業の理由とは?
戦慄かなののこれまでの活躍やこれからの未来について調査していきます。

View this post on Instagram

結果私しか勝たんのだし〜☺️

A post shared by 戦慄かなの (@cv_kanano) on

戦慄かなののプロフィール

戦慄かなのは1998年9月8日生まれの大阪府出身です。幼少期の頃、父親は母親の暴力が原因で家を出ていき離婚。
以降、戦慄かなのと妹は母親と3人で暮らしますが、母親のネグレスト(育児放棄)によって、貧困を味わいます。
小学校中学校といじめのターゲットにされ、中学2年生の時に彫刻刀で膝を刺さされた際にいじめのつらさに耐えかねて3階から飛び降りを図り骨折。
高校に進学すると一転、非行に走ります。
そして、高校1年の時には少年院に入所。
襲ってきた友達の彼氏から身を守るために瓶でなぐるといった傷害事件やJKビジネスの元締めなどが主な理由です。

少年院時代

全ては身を守るため、お金に困っておこなったことですが、結果として少年院入りしますが、そこでも反発を繰り返し、少年院のほぼ満期の1年8か月を過ごしついたあだ名は「長老」。
しかしあるベテラン教官と出会い、徐々に鎮静化し「勉強しかすることが無かった」と後に語っている様に約3,000冊の本を読み猛勉強して高卒認定(大検)や漢検準1級などを取得していきます。
2016年5月に少年院退所後に、1度は薬局に就職しますが貧しかった幼少期に見たアイドルへの憧れとすっかり可愛くなった妹を見て「これはアイドルになるしかない」と決意。

ZOCの一員に

妹は後に「青春高校3年C組」(テレビ東京)アイドル部に所属する頓知気さきな(とんちきさきな)で戦慄かなのとも姉妹セルフプロデュースユニット「femme fatale(ファムファタール)」を結成しています。
戦慄かなのはライブアイドルから2017年2月にアイドルグループ「のーぷらん。」の一員になるも、大学受験の為、5月に脱退。
2018年には、大学の法学部に入学します。大学名は公表されていませんが有名な大学であるとの噂もあり本人も否定はせず。
2018年に開催された「ミスid」に参加し少年院時代の話が面白いと審査員に評価され、「サバイバル賞」を受賞します。
ここで審査員を務めたの大森請子(おおもりせいこ)の目に留まり、大森請子がプロデュースするZOCの一員として参加。
メンバーカラーは水色でした。

戦慄かなのがZOCを卒業した理由とは!?

戦慄かなのは2020年7月8日にZOCからの卒業を発表します。
理由としては「自分自身が思い描く近い将来の夢を実現するために、今何をすべきかを考えた結果、ZOCのメンバーとして今後も活動を両立してゆくことが困難になった」と説明。
これに伴い、マネージメントを行っていた株式会社ekomsはZOCのマネージメント契約の終了も発表します。
株式会社ekomsは「戦慄かなのと多くの経験・苦楽を共にした我々としても今後の戦慄かなのの活躍、成長を心より願って、今回の決断とさせて頂きました」と表明。
決して不仲からの離脱でない事がうかがい知れ、プロデューサー兼メンバーの大森請子も「戦慄かなのより『卒業』という形での身の振り方を希望する意思を受け、プロデューサーとして承諾致しました」と発言しています。
そして戦慄かなのの卒業にあたって、ZOCのYouTubeチャンネルでファンに向けたミュージックビデオ「moreきゅん奴隷」を公開。
このミュージックビデオは戦慄かなのが撮影した映像をメンバーの1人の巫まろ(かんなぎまろ)が編集した映像に、戦慄かなのの生歌をいれた思い出の作品です。
このミュージックビデオは公開から約8時間で再生回数が10万回以上を越える話題作に。
まるで約2年間のZOCとして活躍した戦慄かなのの新しい門出を祝っている様でした。

戦慄かなのの今後の活動は!?

戦慄かなのは、ZOCを卒業後、どのような活動を行うのでしょうか?
すでに自身のTwitterにて、妹の頓智気さきなとのユニット「femme fatale」としての活動継続を宣言。
さらに2019年に立ち上げたNPO法人「bae」の代表理事としての活動もあります。
自身も経験した育児放棄や児童虐待、子供の貧困といった社会問題に対して情報発信や公演活動を実施。
将来的には子供の社会的支援を掲げています。
さらにはピンとしても「アウト×デラックス」(フジテレビ)などに出演するなどテレビタレントとしても活躍中。
自身のタレント性や社会的活動。そして大学生としての今や妹とのユニット活動と多岐にわたって活躍する戦慄かなのはZOCから卒業しても、その活躍を見かける機会は多いはずです。
いつかまた、ZOCや大森請子らとのコラボする未来も期待。
これからの戦慄かなのさんのさらなる活躍に期待大です。